CUTE Himecco chu

頑張りすぎて、心がポッキリ……

うつ病にはなっていないけど、うつ病になりやすい、抑うつ状態にある人も多いと思います。

 

ささいな失敗で落ち込んでしまう

失敗がいつまでも気になる

人付き合いが苦手。相手に何と思われているか不安

疲れ果てて、休日になっても動けない。何もしたくない

 

心がポキッとね……。折れてしまうことってあると思います。人並みに苦労して、他人の痛みが分かる人は、誰でもうつっぽくなることがあると思います。よっぽど神経が太い人以外は、誰でも抑うつ状態になる可能性があります。(ひどいw)

 

ひめっこも、他人からの何気ない一言を気にしすぎてしまい、メンタルを潰してしまったことがあります(笑)

では、どういった人が抑うつ傾向が強いと思いますか?

 

目標達成のための努力を惜しまない

結果が出るまで頑張り続ける

 

努力家や頑張り屋さんは、ストレスを受け流すことができません。結果を真に受けすぎてしまいます。完璧で誰が見ても素晴らしい結果、それ以外の結果は全て0点だと感じてしまいます。要領が悪いともいえますが。

 

ストレスをまともに受けてしまい、硬い物がバキッと折れるように、心が折れてしまうのです。

 

こういう人が得意なことは、「自分で決めた目標に向かって、わき目も振らずに邁進する」ことです。しかし、できる最大限の努力を尽くしても、失敗することもあります。普通なら「仕方ない」「これくらいの成果で満足しよう」と、諦めをつけることができます。

 

一方で努力家・頑張り屋さんは、こう考えてしまいます。

自分の努力が足りないせいで失敗した

できて当たり前なんだから、もっと頑張ろう

 

元気があるうちは、自分を追い込むことで奮い立ち、高い目標に向かって努力し続けることができます。やがて失敗の積み重ねで、心が限界に達するときが来ます。今まで頑張ってきた反動から、極端に落ち込んでしまうのです。

気力がなくなって、しばらく体が動かない日々が続くことになります。

 

本当はそこまで高い能力がないのに、周りから期待され、それに応えようと実際の能力以上に頑張ってしまった。そして、「自分はなんてダメな人間なんだ」と思い込む。

 

目標に向かって努力できること、頑張れることは長所でもあります。しかし要領が悪く、むやみに頑張ってしまうと、心が折れやすいという短所になります。

 

頑張りが苦痛になっている方は、肩の力を抜いてリラックスしてみましょう。頑張り屋さんという特徴を上手くコントロールして、長所として生かすことができると良いですね。どうしてもメンタルが潰れるまで頑張りをやめられない方は、専門家に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です