CUTE Himecco chu

汗をかくとニキビが治る?汗はニキビの原因ではなかった

最近、暖かくなってきたので、私も外に遊びに行く機会が増えました。

 

暑い中、外で運動してたくさん汗をかいた後、夜まで遊んでいると、シャワーを浴びるのがつい遅くなってしまいます。

すると顔がベタベタと油っぽくなり、小さいニキビができ始めてしまいます。しかし、背中のニキビは、汗によって悪い影響を受けるどころか、なんとなく治ってる気すらします。

かえって夏場の汗よりも、冬場の乾燥の方がニキビを確実に増やします

 

そうは言っても、汗をかいたまま放置すると、肌がかぶれることもあって、汗は肌に悪いイメージがありませんか?

それなのに汗をかいて、なぜかニキビが治った経験が皆さんもありませんか?

 

汗とニキビの関係を調べてみました。

 

本当のニキビの原因とは?汗についての誤解

 

実は、汗の99%はただの水分なのです。わずかに塩化物や尿素などを含みますが、汗自体はサラサラしていて汚いものではありません

では、汗をかいた後のベタつきやニオイの原因は、何なのでしょうか?

 

それは、汗そのもののニオイやベタつきではなく、肌内部で常に分泌されている皮脂によるものだったのです。

汗によって皮脂が肌表面に浮き出ることで、これらの不快感を引き起こします。

 

汗のほとんどは水分なので、直接のニキビの原因ではないのです。ニキビのできるメカニズムは、肌のターンオーバーの乱れにあります。

 

乾燥によってバリア機能が失われた肌は、より肌を守ろうとして次々と未熟な角質を作り出します。こうして角質層を厚く硬いものにしてしまい、過剰に作られた角質が毛穴を塞ぎます

そして、剥がれ落ちた角質や皮脂が、老廃物や垢として毛穴に詰まって角栓となります。

 

汗をかくと美容効果が得られる!汗は天然美容液

 

汗は、ニキビに悪影響を与えるものではないと分かりました。それどころか、効果的に汗を流すことで、ニキビの改善が期待できるのです。

 

汗をかくと毛穴が開き、毛穴に溜まった汚れを流し出すことができます。

入浴がシャワーのみだと、毛穴の汚れを流しきれないので、湯船に浸かって汗を流した方が良いと言われています。

 

湯船に浸かることで血行が促され、毛穴が開いて汚れを流すことができ、また、肌のターンオーバーを整えて、角質を正常な弾力のある状態に戻すこともできます。

しかし、10分以上の長湯は、肌から水分や保湿成分を流れ出させ、乾燥を招いてしまいます。長湯は控えましょう。

 

汗をかく方法は、お風呂に入ることだけではありません。運動もオススメです。皆さんは、最近、良い汗をかいていますか?

 

汗には種類がある!運動しながら良い汗をかこう

 

汗の性質は、良い汗と悪い汗に分けられます。

 

①良い汗

水のようにサラサラした、小さな粒状に湧き出る汗は蒸発しやすく、体温調節の役割を果たすとともに、角質層に水分を補い、肌のバリア機能を高めます

皮脂と混じって、適度に皮膚表面を油分の膜で覆い、肌の保湿効果を高める働きをします。

 

②悪い汗

体に必要なミネラル塩分を多く含んで、汗と一緒に排出してしまいます。そのためベタベタし、なかなか蒸発せず体温調節の役割を果たしません。

 

肌にとどまり皮脂を浮かばせ、汗に含まれるミネラルや塩分が雑菌を繁殖させます。悪い汗をかいたまま放置すると、ニキビにも悪影響です。

 

ニキビ改善のために良い汗を流すなら、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。ハードな筋トレなどは肌に活性酸素を発生させ、肌トラブルが回復されにくくなる可能性もあります。

 

汗をたくさんかこうと無理に運動するのではなく、気持ちよく汗をかける程度に体を動かすのがよいです。

移動のときはなるべく歩くようにし、ストレッチを日課とするなど、できることから始めてみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です