CUTE Himecco chu

夏だけ日焼け対策すればイイと思ってませんか?

こんにちは。ひめっこです。

もう4月も終わりますね……。これから夏に向かって、日焼けが気になるなぁー、なんて思っていませんか?

 

これから?夏?

日焼け止めは、夏場だけ塗ればいいなんて思っていませんか?

 

実は、4月の紫外線8月と同じくらい強力で、紫外線の量は7月を上回ります!

1年のうちで、紫外線のが一番多いのが5月、強さが一番強力なのが6月です。

 

この4月にどれだけ日焼け対策をしているかが、後になって肌に現れるのです。

 

紫外線には3種類ある!それぞれ異なる肌への影響。

 

紫外線が3種類存在するの、ご存知でしたか?

 

【UV-A】

私たちが普段浴びている紫外線の90%以上は、このUV-Aです。

あまり肌に急激な変化を与えないので、油断してしまいそうですが、シミやしわ・たるみの大きな原因になっています。UV-Aは波長が長く、肌の奥深くまで届き、じわじわと肌にダメージを与えていきます。

 

肌内部に活性酸素をつくりだし、DANを傷つけたり、コラーゲンエラスチンを破壊。長い時間をかけて気が付かない間に、シミやしわなど肌の老化を招きます。

 

しかも、UV-Aはオゾン層を通り抜けやすく、常にUV-Bの20倍以上も地上に降り注いでいます

曇りの日でも日焼けしてしまうのは、雲を通り抜けやすいこのUV-Aのせいです。

 

【UV-B】

日焼けによって肌が赤く炎症してしまう(サンバーン)のは、UV-Bのせいです。

UV-Bはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけ、炎症を引き起こします。

 

すると、メラノサイトが肌を守るために、過剰にメラニン色素を生成し、皮膚の中に沈着してシミ・ソバカスとなります。

ただし、UV-Aに比べて波長が短いので、オゾン層や雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の10%程度です。

日傘を使うなど、直射日光に当たることを避けるだけで、ある程度防御することができます。

 

【UV-C】

最も有害な紫外線です。皮膚がんの原因になり、直視すると失明に至ります。細胞のDNAを破壊するので、強い殺菌力があります。

UV-Cは波長がとても短いので、普通は地上にまで届くことはなく、人体に影響することはないと言われています。

 

しかし、南極や北極の上空に、季節によってオゾンホールが発生しており、オーストラリアで毎年新しく診断されるガンの80%以上が皮膚がんなのだそうです。


日焼け止めの選び方。SPFとPAの違いとは?

 

紫外線って恐ろしい……。

日焼け止めを選ぶとき、SPF50+ PA++++などとパッケージに書かれているのを見かけますよね。

 

SPFはUV-Bに対しての、

PAはUV-Aに対しての日焼け防止効果を表す数値です。

 

☆SPFはサンプロテクションファクターの略で、紫外線が当たりだしてから、肌が赤く炎症を起こすまでの時間(日焼けするまでの時間)をどれだけ遅らせられるかを示しています。

 

0~50+までの数字で評価されます。

 

日焼け止めは、紫外線を完全にカットしているのではなく、日焼けするまでの時間を延長しているのです。

 

個人差がありますが、日に焼けるまでだいたい15分~20分かかると言われています。

それをSPF30なら30倍遅らせられるので、20分×30=600分で10時間

SPF50なら50倍なので、20分×50=1000分で16時間、日に焼けなくなります。

 

ただしこのデータは、かなり厚く日焼け止めを塗った状態で測ったものなので、SPFの強さに関係なく、こまめに塗りなおさなければ、本来の効果が得られません

 

☆PAはプレテクショングレードオブUVAの略で、+~++++の4段階で示されます。肌の色素沈着が起こるまでの時間を延長します。

 

 

夏の海や山へのレジャーの際など、一日中、屋外で過ごすときは、SPF50・PA++++のように強めの日焼け止めを使いましょう。

普段のお買い物には、SPF10~20・PA+~++のような弱めの日焼け止めで十分です。

 

数値が高いものほど、肌への負担も大きくなってしまいます。また肌が弱い方は、日焼け止めの成分によっては、肌が荒れてしまうこともあります。

 

紫外線吸収剤は、肌へ大きな負担をかけます。

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 

などの合成成分が入っていないものを選びましょう。

 

一方で、紫外線散乱剤の方が、肌に優しいといわれています。

・酸化チタン

・酸化亜鉛

 

などの天然成分が使われており、「ノンケミカル」「吸収剤不使用」と表示されています。

 

また、「防腐剤」「合成香料」「合成着色料」など、余計な添加物が入っていないかも確認しましょう。

 

ちなみに、パウダーファンデーション自体にも日焼け止め効果があります。(酸化チタン・酸化亜鉛)

 

パウダーファンデーションは水分を含まないので、リキッドやクリームのファンデーションに使われる界面活性剤が入っていません

毎日ぬっても日焼け止めより肌に優しいので、普段の生活には、パウダーファンデーションで十分でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です