CUTE Himecco chu

褒められることがプレッシャー?もっと褒めて欲しい?

みなさんは、褒められると嬉しいですか?気分が良くなりますか?

褒められ慣れている人も、他人の評価なんか気にしない人も、

誰でも褒められると喜びを感じると言いますが、本当でしょうか?

 

人を褒めるという行為は、コミュニケーションを取るときに、大切な役割を果たします。

初めてあった人や、そう親しくない人とは、まずは軽く雑談しながら場を温めたいところです。このとき、相手の気分を良くするために、「褒める」ことが大切だと言われます。

実は、「褒める」ことにはテクニックがあります。褒め方が下手だと、「皮肉を言ってる」とか「調子がいい人」だとか誤解される場合もあります。

 

褒められるとプレッシャー?!褒められたくない……

 

褒められると気持ちが高まり、いつも以上の力を発揮できるタイプの人もいます。しかし、人間そう単純ではありません。日本人はシャイで真面目、また自己評価が低い人が多いです。

実は、褒められることをプレッシャーやストレスに感じる人は多いです。

ある実験で、被験者の女性を「綺麗ですね」と褒めたところ、心拍数があがり交感神経が興奮した状態になったそうです。褒められることで、余計に緊張してしまったのです。

 

ちなみに、私も褒められることが、あまり嬉しくなかった経験があります。

これから仲良くなろうとしてた人が、場を温めるために私のことを「美人さんだね~」と言ったのです。私は自分の容姿のことを、あまり触れられたくなかったので、褒められたことに反応せずに話を変えてしまいました。

すると「無視ですか~?」と相手を怒らせてしまいました(´Д`ι)

 

また、自分としては全然上手くいかなかった、失敗したと感じていることを「凄くよくできてる」と褒められてしまい、悔しい気持ちになることもありました。

 

褒めるという行為はポジティブな意味を持ちますが、人を評価する行為であることに変わりないと思います。

コミュニケーションを取るきっかけとして相手を褒めるときは、誤って上から目線にならないように気を付けましょう。

 

実はもっと褒めて欲しい?!

 

謙虚で日本人らしい人や、褒められることに慣れてない人は、褒められると「そんなことないですよ」と否定してしまうでしょう。そんな人の中には当然、本心ではなく「見せかけ」で否定している人もいます。

 

緊張しながらではなく、嬉しそうに「そんなことないですよ~♪」と、褒め言葉を否定してきた人には、すかさず「再否定」を加えてみましょう。間髪入れずに「そういう謙虚なところも良いですね」と、相手の否定をさらに否定してあげるのです。

 

自分が否定したことを、すぐに打ち消してもらった相手は、自尊心がくすぐられ気分が良くなることでしょう(ノω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です