CUTE Himecco chu

うつを招きやすい考え方。悩みはあなた自身が作り出したもの

みなさん、こんにちは。ひめっこです。

 

私はうつ病ではありませんが、「~してはいけない」「~しなくてはならない」という考えに非常に縛られてしまいます。

自分が本当にやりたくて行動しているのかも分からなくなったり、辛くてもうやめたいけど、やめられなかったりして、気が疲れやすいです。

 

自分自身が「必ずしなくてはならない」と思っていることを出来ないと、カァーっと腹が立ってしまいます。それだけでなく、他人に対しても腹を立ててしまうことがあります。

 

自分が「してはいけない」と信じて我慢していることを、他人がアッサリやっていると、とても許せない気持ちになります。

態度には出しませんが、自分の中ですごくイライラしてしまいます。

 

私はうつ病ではありませんが、神経質で気が小さく、うつを招きやすい特有の考え方を持っていると、感じています。

 

うつになりやすい人が、このような考え方をしてしまうのは、非合理的な信念を持っているためだと考えられています。

 

人の悩みをつくり出す信念・物の考え方とは

 

主な非合理的な信念

(私の心の声とも言えます。)

 

①一般化

たった一回あった出来事を、「いつもこういう目に遭う」「みんなに悪口言われてる」と極端に広げて考える。

 

②結論の飛躍

確かな根拠もないことに、「アイツ絶対、わざとやっただろ?」「そうに決まってる」「絶対、今、こう思われたよね…。やっちゃった…」などと、腹を立てたり自己嫌悪におちいったりする。

 

③心の読みすぎ

相手のささいな行動に対して、「表情がムッとしてる気がする」「今、ジロって見られた」「なんか今日、黙ってる?怒ってるのかな?」「避けられた」など、いちいち理由をつけては傷ついたり、怖がったりする。

 

④先読み

将来のことを悲観的に想像しては不安になる。

(私は楽観的だから、あまり分かりません。10代の頃に私が想像していた将来より、今の現実の方が悪いです(笑))

 

⑤感情の重視

わき起こった感情に振り回されて、これから「こうなるに違いない」と予測する。しかも、本当にその通りに行動してしまう。

 

憂鬱で調子が悪いときに、「こんなことやってても意味ない」「絶対に失敗する」「やめちゃうだろうな」など、「自分、もう終わった」というような感覚に支配される。

「こんなもの捨ててやる」「契約をやめてやる」など、後戻りできない決断を勢いでしてしまう。

 

ひどい場合では、「殺しにくるかも」「刺されるかも」などと考えることも。

 

⑥すべき思考

何かやろうとするときに、「~すべき」「~すべきでない」の二者択一をする。

自分が「やりたい」と思って行動することがない。「やるのが当然」と考えて、強迫的に行動する。

こうなると、何をやっても楽しいと思えない。

 

自分が「すべき」と信じていることを他人がやらなかったり、「すべきでない」と信じていることを他人にされたりすると、怒りを感じる。

 

⑦自己関連づけ

自分とは関係ないことも、いちいち自分にこじつけて考える。「私のせいで怒っている」「私がいるから機嫌が悪いんだ」「私が前を通りかかったら笑い出した」など、他人の行動に自分が影響していると思い込む。

 

事実を歪めて捉えてしまう私たち。楽に生きる方法は?

 

人は何か出来事があると、自分の信念というフィルターを通して、主観的に解釈します。

悩みを引き起こすのは、この非合理的な信念です。

 

非合理的な信念に対してカウンセラーが、”起こった事実”と”相談者の認識”の間にあるを示します。

相談者に「悪口を言っているみんなとは誰か?」「相手が機嫌が悪かったのは本当か?」と、本当に出来事が起こった証拠や、そう考える根拠質問します。

 

自分が仕事でミスばかりしていると考える人には、こなした仕事の数と、出たミスの割合を計算させたりします。

 

いつも事実に基づいたことだけを考え、自分の気持ちを惨めにする考え方をしない、合理的な信念を身に付けるトレーニングが効果的です。

このトレーニングは、本人の人生観を根底から覆すこともあり、その後の生き方がすごく楽になります。

 

カウンセリングを受けたり、自分の考え方を変える努力をしたりすることは重要ですが、一番オススメなのは、事実を自分の目で見ることです。

 

・機嫌が悪いあの人は、私に怒っていたんじゃなくて、実は彼女に振られたばかりだった。

 

・上司からの信頼が厚い先輩にいじめられ、周りのみんな先輩の味方だろうと思い、ビクビク出勤していたが、実はその先輩を良く思っていない人も多かった。

 

・「~しなくてはならない」「~しないと悪いことが起こる」と信じていたが、やめてみたら何も起こらなかった。

 

・気まずいと思っていた相手に、気づかいされたり心配されたりした。

 

・敵だと思ってた人が、声をかけてくれた。

 

などなど。

 

早く悪い夢から目が覚めるといいですね…。

悩みとは、他でもない自分自身が作り出したもので、頭の中でクルクルと、繰り返し悪夢が再生されているに過ぎないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です