CUTE Himecco chu

あなたの保湿ケアは十分ですか?正しい美容液の使い方

皆さんは普段、化粧水だけで保湿を済ませていませんか?美容液をちゃんと使っていますか?

 

乾燥肌の方に限らず、化粧水はどなたも使用していると思いますが、実は化粧水だけでは保湿として不十分なのです。

 

化粧水の一番の役割は、肌の角質に水分を補給し、肌のキメを整えることです。保湿効果もゼロではありませんが、化粧水に配合できる水溶性の保湿成分は限られています。

 

そのため、化粧水の役割は水分補給にとどまり、保湿はオマケ程度の働きなのです。

 

一方で美容液は、化粧水によって補給された水分を肌にとどめ、美容成分を与える役割をもちます。また、肌トラブルを改善する効果も期待できます。

 

美容液は、化粧水で与えた潤いを保持し、保湿を完璧なものにする、乾燥対策には欠かせないアイテムです。

 

乾燥肌を丁寧にケア!保湿美容液の使い方

 

化粧水で肌を整えた後、保湿美容液を使います。そして、その上から乳液クリームフタをすることで、角質を守るバリアをつくります。

 

まず化粧水で肌に潤いを与え、柔らかくふっくらさせることで、次に使う美容成分の浸透を促すのです。

 

ただし、美容液の中には、化粧水の前につけたほうが効果的なものもあります。例えば、古い角質を取り除き、後に使用する化粧水の浸透力をよりアップさせる美容液です。

 

使う順番は、美容液のメーカーやブランドによって異なるので、使用方法はその都度確認しましょう。

 

美容液のつけすぎに注意!!かえって乾燥を招く?!

 

乾燥肌の方には、保湿美容液を使う際、特に注意してほしい点があります。

 

それは、一度に大量の美容液を浸透させようとしないことです。

たっぷり保湿しないと、気が済まないという方もいると思いますが、肌の角質層に浸透できる美容成分の量は、限られています

 

さらに、保湿美容液のつけすぎによって、肌の皮脂分泌のバランスを崩す恐れがあります。

 

もともと肌は何もつけていなくても、表面の皮脂膜によって保湿・保護されています。皮脂膜が減少すると、これらの作用が弱まり肌荒れしやすくなります

 

乾燥肌を気にして肌の水分蒸発を防ごうと、クリームや美容液をたっぷり使い過ぎるのは控えましょう

 


 

ちなみに保湿パックは、少量でも浸透力を高めることができるのでオススメです。

 

適当なサイズにコットンをカットして、美容液を染みこませます。そして、15分ほどパックをしましょう。

 

保湿パックをすると、普通に美容液をつけるよりも浸透力がアップします。しかし、あまり長時間パックをしていると、コットンが乾燥するときに、肌の水分まで奪ってしまいます

 

先ほども触れたように、肌が成分を吸収、保水できる量は決まっているので、コットンを水浸しにするのはやめましょう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です