CUTE Himecco chu

それ本当にニキビ?粉瘤を自力で潰してみた【やっちゃダメ】

ニキビ専門家ひめっこです(違う)(((´・Д・`)))

以前、背中に硬いシコリができてしまったのですが……

→→それはニキビではなく、粉瘤だった(粉瘤ができる原因&治療法)

 

自力で皮膚の中に溜まった垢を出しましたウッホ━━━━ヽ(*’∀`*)ノ━━━━イ

 

でもこれ、きちんと病院に行って治療しないと、何度も繰り返してしまうのです…。皮膚の中にできた袋を手術で取り除かないと、また同じように老廃物が袋に溜まって、大きな粉瘤になってしまうのです。

しかも、粉瘤を潰したところから細菌感染して、炎症する危険まであります…。

 

あれほど絶対に潰すな!!と言われていた粉瘤(アテローム)を、痛みに耐えながら、ギューギュー押して、中身を絞り出してしまいました……。

が出ましたが、今は粉瘤による痛みや突っ張る感じがなくなり、スッキリしています。

 

みなさんは、絶対にマネしてはいけませんが、私がどうやって粉瘤を潰したか書いておきますね(要らない情報だよねwww)

 

やっちゃいけない粉瘤の潰し方

 

粉瘤が赤く炎症して痛みが出始めてから、私はゲンタシン軟膏という抗生物質が含まれる塗り薬を、お風呂上りに毎日塗っていました。粉瘤のある場所が痛いので、ガーゼで覆っていました。

5日くらい続けていると、段々と粉瘤がしぼんで小さくなってきました。形もドーム型だったのが、へそ(中心)が尖って先端ができました。

 

なかなかシコリの中心にあるへその部分に穴が開かず、シコリの内容物(垢)が出せませんでした。

ところが、6日目にお風呂から上がったとき、鏡で自分の背中を見ると、白いものがシコリの先端から飛び出ていました。

 

気色悪ッッッ────∑(゚Д゚ll)────ッ!!

 

白いものをティッシュで取ると、またシコリの中からプゥーーっと白いものが出てきます。何回か拭いたところで、他人の力を借りて、内容物を全て絞り出すことにしました(o゚∀゚o)

 

痛かったですが、同居している母にシコリをぐりぐり押してもらいました。自分の背中なので、見ることはできませんでしたが、面白いことが起こりました。

粉瘤を潰しきって膨らんでいた部分が平らになっても、まだ押すと白い垢が出つづけました。しかも粉瘤だけでなく、その周辺組織まで硬くなっていました。垢が埋まっているんでしょうか?(;`・~・)

 

が出るまで頑張っていたら、皮膚の中に溜まった垢は、ほとんど出し切れたようです。

今のところ、傷になった部分の炎症などは起こっていないので、あとは粉瘤が再発しなければ良いのですが……。

 

薬の使い方が間違っていた

 

今回、私が使ったゲンタシン軟膏ですが、正しくは「皮膚感染症や、傷口の細菌の増殖を抑えることで、感染が広がって化膿するのを抑えたり、傷の治りを早めたりする」お薬です。

細菌の増殖を抑えるお薬であり、直接炎症を抑えるような効果はないそうですwww

 

えーー、知らなかった(´ェ`)

ゲンタシン塗ると、何でも治ると思ってた…。

 

ちなみに、ニキビが炎症したり化膿している場合、ゲンタシンを塗ると確かに効果がありますが、ゲンタシンはニキビ治療薬としては使われていないそうです。

また、できたばかりの白ニキビや黒ニキビに対しては、全く効果がありません。

今回のゲンタシンのように、炎症まで抑えられるという、間違ったイメージでお薬を使わないようにしましょう(汗)

 

今日は、やっちゃいけないことを皆さんにお伝えしてみました……(乂`д´)アウト!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です