CUTE Himecco chu

今のファンデーションに不満がある方へ…。毛穴のタイプに合わせて選ぶ方法

こんばんは!ひめっこです。

 

ひめっこも20代前半の頃はノーファンデメイクどころか、化粧下地や日焼け止めすら塗らずに外出して、紫外線をたっぷり浴びていました(;^_^A

 

確かにファンデーションの成分や、クレンジングによる刺激は肌への負担となりますが、素肌を晒したままだと大気中の汚れや紫外線によって、結局は肌を傷めることになります。

 

私も数年前までは、何も塗らなくて平気かな?なんて思っていたのですが、今では顔がソバカスだらけになりました……。

 

更に、しみソバカスだけでなく、毛穴も年々目立つようになってきました(;´Д`)

加齢による肌のたるみが毛穴を引き伸ばしたり、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせることなどが、毛穴が開く主な原因です。

 

毎日の保湿ケアが一番、大事なのは間違いないですが、出かけるときは手軽にソバカス・毛穴を隠したいですよね。

 

 

カバー力の高いファンデーションの種類は?

 

ファンデーションには、「リキッド」「クリーム」「パウダー」「ミネラル」など様々な種類があります。

 

毛穴をカバーするには、液体状のファンデーション(リキッド・クリーム)が適しています。液体ファンデーションが開いた毛穴を埋めることで、肌の凹凸を滑らかに見せることができます。

 

リキッドファンデーションを使っても、毛穴が目立つと感じる場合は、より濃度が高く肌に密着するクリームファンデーションがおすすめです。

 

クリームファンデーションは保湿効果が高く、肌の乾燥も防ぎます

 

ただ、テクスチャが固めで伸びにくいため、付けすぎると厚塗りに見えがちです。しっかり伸ばして、肌に叩き込むように塗ると良いです。

 

 

パウダータイプのファンデーションを使いたい場合は?

 

脂性肌で、油分の多いクリームファンデーションを使うと、ニキビができてしまう方もいると思います。

 

そういった理由でパウダーファンデーションを使いたい場合、化粧下地で肌の凹凸をならし、滑らかな肌をつくることが大事です。

下地でしっかり肌表面をフラットすることで、パウダーファンデーションを顔全体にムラなく塗ることができます。

 

また、肌が乾燥すると皮脂分泌が増えて、毛穴が目立ちやすくなります。保湿効果の高いファンデーションを選びましょう。

 

 

ファンデーションの色選びも重要!毛穴が目立つ原因に合わせて選びましょう

 

①毛穴に影ができてしまう

 

ニキビの炎症によるダメージが、皮膚の深い部分にまで及んでしまうと、クレーター(ニキビ跡)ができてしまいます。

また小鼻や鼻の横、頬などの毛穴に詰まった角栓を無理に押し出そうとすると、皮膚の真皮層まで傷ついて凸凹毛穴ができる原因となります。

 

このように凹凸のある毛穴や、たるみで肌が引っ張られて開いた毛穴は、影を作って目立ちます

肌色か、少し明るい色のファンデーションを選び、影を作らないようにしましょう。

 

 

②毛穴が黒ずんでいる

 

一方、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒ずみになったり、ターンオーバーの乱れによって、毛穴のフチにメラニンが沈着して黒ずみができたりすることがあります。

 

このような黒ずみ毛穴が気になる方は、自分の肌色より少し暗めのファンデーションを選ぶと良いです。

明るめのものを選んでしまうと、黒ずみが目立つことがあります。

 

 

フェイスパウダーも使うと、本当に毛穴が消える?!

 

フェイスパウダーを仕上げに使うと、毛穴の影をカバーするのに役立ちます。

特にたるみ毛穴凸凹毛穴には、パール入りのパウダーがおすすめです。光を反射させることで、毛穴の影を目立たなくします。

 

パールはあまり強くなく、よく見ると薄っすら入っていることが分かる程度で、十分効果があります

パール感が強すぎても却って毛穴が目立ちますし、顔が白浮きしてしまいます。

 

黒ずみ毛穴が気になる方は、マットな肌合いの(ツヤのない)粉状パウダーで仕上げると、厚塗り感なくキレイに黒ずみをカバーできます。

 

 

毛穴に合ったファンデーションを選べば、簡単に毛穴は消せる!

 

毛穴のタイプによってファンデーションの選び方が、大きく異なるワケではありません。しかし、少しの工夫で肌の仕上がりが大きく変化します。

 

今までファンデーションに不満を感じていた方も、毛穴のタイプに合ったものを選ぶと、楽にキレイに毛穴をカバーすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です