CUTE Himecco chu

まつ毛が伸びないのは乾燥のせい?抜けるだけじゃなく、生えてこなくなる原因

まつ毛の長さとボリュームで、顔の印象は大きく変わります。

会う人に、目力のある華やかな印象を与えるには、長く美しいまつ毛は欠かせませんよね。

 

 

しかし、まつ毛はデリケート。実は、日々のメイクが相当なダメージになっているのです。

その結果、目を伏せるとまつ毛がスカスカ……、まつ毛がよく抜ける……と悩む女性も多いです。

 

長く美しいまつ毛を育てるために、まつ毛の常識をまとめました。

 

キレイな自まつ毛を生やすために知っておきたい「まつ毛の毛周期」

 

髪の毛やその他の体毛と同じように、まつ毛にも毛周期があります。

毛周期とは、体毛が生え変わる周期(サイクル)のことです。

 

体毛は、成長期→退行期→休止期を繰り返しながら、抜けたり生えたりしています。

 

まつ毛の毛周期は体毛の中でも短く、1ヶ月~4ヶ月程度といわれています。そのため、伸び続けることはなく、一定の長さが保たれています。

まつ毛は誰でも、毎日数本ずつ自然に抜け落ちています。抜けるのが10本以内であれば、生理現象なので問題ないです。

 

まつ毛が抜けた毛穴は、しばらく休憩の時期に入りますが、まつ毛が生えていない間も、皮膚の中では新しい毛がつくられています。

そして、産毛のようなまつ毛が生えてきます。

 

まつ毛は、抜けたり生えたりを繰り返しながら、常に一定の数が生えているのです。

 

毛周期には4つのステージがある

 

成長初期  まつ毛が生まれ、皮膚の中で成長している時期。毛が細くコシのない状態。

 

皮膚の外に毛が伸びてきますが、この時期のまつ毛にエクステをするのは止めましょう。新しいまつ毛が、育たなくなってしまいます。

 

成長期  皮膚の外に出てきた毛が、太く長く伸びていく時期

 

まつ毛はまだ短いが、コシが出てきます。この時期に美容液でまつ毛を乾燥から守り、栄養補給を行うことで、まつ毛を太く長く成長させることができます。

 

この成長期のまつ毛が伸びるのをサポートするのが美容液の役割。

また、この時期のまつ毛にエクステを付けると、2~3週間でエクステの長さがバラバラになってしまう可能性があります。

 

退行期  まつ毛をつくる毛母細胞の分裂が落ち着いて、まつ毛の成長が止まる時期

 

まつ毛が伸びきっており、この時期が一番長い。異物から目を守る働きをします。

成長も止まっているので、安心してエクステを施すことができる。

 

休止期  毛が抜け落ち、新しいまつ毛が生えるのを待つ期間

 

すでに毛母細胞では、次の毛を生やすための準備が始まっており、一定のサイクルで再び成長期が始まります

 

まつ毛が伸びない!ボリュームが減ったと感じる原因は

 

この毛周期が乱れると、まつ毛が抜けやすくなってしまいます

 

成長初期~成長期に、十分な栄養がまつ毛に行き渡らないと、まつ毛は伸びることができません

まつ毛は、細く弱い状態のまま退行期に入り、成長を終えてしまいます。

 

さらに、まつ毛が休止期に入り、毛が抜け落ちた状態のまま、次のまつ毛が作られるまでの期間が長くなることもあります。

 

毛周期の乱れにより、まつ毛が抜けやすくなっている状態で、新しいまつ毛もなかなか生えてこないとなれば、まつ毛がスカスカでまばらに見える、まつ毛が減ったと感じることになります。

 

 

 

まつ毛を美しく伸ばすためには、毛周期を整えるのが大切だと分かりました。

 

睡眠不足や誤ったクレンジングなど、色んな要因で乱れてしまう毛周期。

健康的で長いまつ毛つくるには、毛母細胞の働きを活発にし、きちんと成長期が来るようにすることです。

 

毎日できるケアとして、手軽でオススメなのがまつ毛美容液です。

 

 

まつ毛美容液には、様々な育毛成分が含まれています。

まつ毛を長くしたい、量を増やしてグラマーにしたいなど、どんな効果を重視するかによって美容液を選びましょう。

 

まつ毛美容液に含まれる有効成分

 

まつ毛の伸びる期間(成長期)を長くする

ビマトプロスト、デクロロ・ジヒドロキシ・ジフオロ・エチルクロプロスタノールアミド、イソプロピルクロプロステネート

 

まつ毛が伸びるスピードを早くする

ナツメ果実エキス、フラーレン

 

まつ毛を発毛させる

キャピシル、グロスファクター、オクタペプチド

 

紫外線やアイメイクからまつ毛を守る

フラーレン、ワイルドラッシュ

 

血行を良くする

ビオチン、酢酸トコフェロール、イチョウ葉エキス、ブドウ種子エキス

 

傷んだまつ毛を修復する

オタネニンジン根エキス、パンテノール、ケラチン、加水分解シルク

 

まつ毛に潤いを与え保湿する

グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲン、トレハロース、グルコシルセラミド、カニナバラ果実エキスなど

 

 

健康的なハリ・コシのあるまつ毛をつくるには、まぶたの血行を促進して毛包細胞に栄養を与えることが重要です。

 

また、まつ毛は髪の毛と同じように、乾燥すると傷んでしまうので、すでに生えているまつ毛を保湿・補修するトリートメント効果もある美容液がオススメです。

 

 

まつ毛エクステもマスカラも、どうしてもまつ毛やまぶたに負担がかかってしまいます。

まつ毛美容液を使うなどして、毎日のケアでまつ毛を守りながら育てていきたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です