CUTE Himecco chu

上手な相槌で会話をリードする

みなさんは、人と会話する時にどのように相槌を打ちますか?

私はあまり相槌を打たないように気を付けています。頻繁に相槌を打つのは、相手の話を急かしてるみたいで抵抗があるからです。

 

え~~!そうなんだ!」のように大げさな相槌は、相手の話を邪魔してしまうので嫌です。「ふーん」「へー」という相槌は、他人事だと思って聞き流してる印象を与えるので、これも避けてます。

なるほど」という言葉も絶対につかいません。人間は、早く相手の話を終わらせたいときに、「なるほど」と言ってしまうと聞いたことがあり、気を付けています。

 

うん」や「はい」は、相手が次のことを話しやすくなるタイミングを意識して、控えめに言います。

 

それと私は、相手の言った言葉の一部をつい繰り返してしまいます…。ここまでの話の意味を理解しましたよーというサインのつもりです(笑)

聞き取れなかったところや、意味がはっきり分からなかったところがあると、分からなかった部分の前後の単語を復唱します((( ゚д゚;)))自分が納得しないと、話が次に進まない(汗)

 

私は自分の相槌が、相手にどういう印象を与えているか気にするし、反対に相手の相槌から、私の話に興味ないかどうかも分かります。

相手がこちらの話に興味がない様子だったら、話題を切り替えるようにしています。

私はお互いにとって楽しい時間を過ごしたいので、相手が詰まらなそうにするなら、私の話はしたくないからです。

 

人間は誰しも、他者から肯定されたいという、自己是認欲求を持っています。相槌は、相手に肯定や従順の意思を示す、非言語コミュニケーションの一種です。

人はこの自己是認欲求を満たしてくれた相手に、好意を抱きやすいのです。会話のあちこちに相槌を打つことで、相手を気分よくすることが出来ます。

この仕組みを利用すれば、無言で相手を肯定し、自然に言葉を誘導することが出来てしまいます。不利な条件で契約を結ばせたり、不要な高額商品を買わせたりと、相手に何かをさせることが出来るのです。

 

人間が他者から肯定されたいという心理を持っていることは間違いありません。しかし、相槌ってそんなに気分の良いものでしょうか?

 

具体的に、相手が私にどんな言葉をかけてくれるのか、相手が考えていることを私に話してくれるのか、それとも相手は大事なことは私に話そうとしないのか。会話の中で、色々な情報を拾うことが出来ます。

私の場合、ちょっと相手の様子を、窺い過ぎですけどね。

 

慣れない人との会話を弾ませて仲良くなるためには、相槌のテクニックも必要かもしれません。頻繁に相槌を打って、会話をリードしようとする人もいるでしょう。

しかし、会話はテクニックよりも、相手を良く見ることと、思いやりが重要ということをお忘れなく……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です