CUTE Himecco chu

何度も繰り返すニキビ、なかなか消えないニキビ跡をキレイにする

なかなか治らないニキビ・何度も繰り返すニキビに悩んでいませんか?

このようなニキビは、治ってもニキビ跡が残る可能性が高いのです。

 

赤いニキビは、アクネ菌などの細菌類により炎症を起こしている状態です。適切に細菌の活動を抑える治療をしても、治るのに1ヶ月以上かかるといわれています。

 

炎症を早く鎮めることが重要で、放置するとニキビ跡となってしまいます。

炎症が起きている状態が長引くと、真皮の方までダメージが及び、最終的にはコラーゲン繊維が破壊されてしまうのです。

 

ニキビ跡が残ってしまうのはなぜ?赤みを消すには?

 

ニキビが治った後、赤みが残ってしまうのは、ニキビの炎症によって傷ついた細胞を治そうと、新しい毛細血管が集中するためです。

増殖した毛細血管の色で、皮膚が赤くなります。

 

茶色色素沈着型のニキビ跡は、増殖した毛細血管が破壊され、血液が皮膚の細胞のスキマににじみ出ることで、ヘモグロビンが皮膚に沈着してできます。

色素沈着型のニキビ跡は、赤みのニキビ跡よりも治りにくく、消えるまでに最低でも1年はかかると考えた方が良いです。

 

炎症が肌の奥深く真皮にまで及んでしまうと、真皮ではターンオーバーがほとんど行われないため、赤みがなかなか消えない可能性があります。

しかし、炎症によって増えた毛細血管は、ニキビが治ると自然に縮んでいきます。また、細胞の外ににじみ出たヘモグロビンは、マクロファージという細胞が食べることで、分解され消えていきます。

 

そのため時間はかかりますが、真皮の深い層が傷ついてできた紫色のニキビ跡も、薄くなることがあります。

 

一方、表皮はターンオーバーによって、20代ならば28日周期で入れ替わるため、表皮や真皮の浅い層が傷ついてできたニキビ跡は、数ヶ月ほどで自然に治ります

 

もし赤いニキビ跡がなかなか治らない場合は、肌のターンオーバーが正常に働いていないか、縮んでいくはずの毛細血管が残ってしまう、真皮層のヘモグロビンの分解が進まないなどの原因が考えられます。

 

なかなか治らない私のニキビ跡が治ってきた!

 

私の場合、大量の背中ニキビと、そのニキビ跡に悩んでいます

度々、過去記事でも触れていますが、背中の広い範囲に激しく炎症したニキビができてしまうのです。

 

ニキビが繰り返しできたせいで、跡が列のように並んでしまっている部分もあります。

 

さすがに背中が汚かったので、背中の炎症を抑えながら、跡を残さずにニキビを治せる化粧品を探しました。

 

アクネ菌を殺菌したり、肌の油分を取ったりしてニキビを防ぐ化粧品は、乾燥が原因である大人ニキビには合いません

【パルクレールジェル】は、しっかり保湿ができそうだったので選びました。

 

ジェルを使用して1ヶ月ちょっと経ち、背中はかなりキレイになりました

ニキビが真っ赤に腫れて、治っても必ず跡が残っていたのですが、その跡が薄くなりました。まだ使用1ヶ月なので、完全に跡が消えたわけではありませんが、肌のターンオーバーは時間がかかるのに、早速、変化を感じられて嬉しいです

 

今までは、ニキビができていない部分の肌も、全体に赤みが出てしまっていたので、肌の色が落ち着いて良かったです。

 

パルクレールの美容成分には、

 

プラセンタ

カモミラエキス

シコンエキス

などが含まれています。

 

これらは、肌のターンオーバーを促したり、メラニンを生成する原因物質の働きを抑えたりして、ニキビが治ったあとの色素沈着やニキビ跡を防ぎます

 

また、アラントインなどの成分が、ニキビによる炎症をすばやく抑え、肌内部にダメージが残る前にニキビを鎮静化します。

そして、ヒアルロン酸コラーゲン浸透させることで、肌を保湿しバリア機能を高め、これからニキビができるのを防ぎます。

 

パルクレールジェルはニキビ跡を残さずに、赤ニキビを治すことが期待できるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です