CUTE Himecco chu

オールインワン化粧品のデメリット。基礎化粧品としての効果は?

こんにちは、ひめっこです。

 

肌の悩みも数多いけど、コスメの種類もさまざまで、どれを選んでいいか分からなくなることもありますよね?

 

私は長時間屋外にいることがあるので、20代でもソバカスが気になっています……。

大人ニキビも繰り返し同じ場所にできます。

 

毎日、朝晩のスキンケアは欠かせませんが、化粧水、乳液、クリームと数回に分けて使用するのが面倒だし、ちょっと高価ですよね…。

 

化粧水、美容液、乳液などの工程が、たったひとつで済むオールインワン化粧品。化粧下地効果をふくむ、便利なものまであります。

 

いくつも化粧品を使うのが面倒なので、私もオールインワンゲルを使用しています

 

しかし、「オールインワンって、どの効果も中途半端なんじゃないの?」という声も聞きます。

実際のところは、どうなのでしょうか。

 

基礎化粧品をオールインワンで済ませるのはアリ?

 

化粧水や乳液など基礎化粧品は、それぞれ異なる役割をもっています。

 

私たちの肌は、角質細胞が何列にも連なってできています。その細胞と細胞のすき間を、細胞間脂質というものが埋めています。

 

この細胞間脂質は、脂質の層と水分子の層が、交互に何層も重なりあって構成されています

 

化粧水の役割は、角質に水分を補給し保水することです。肌をふっくらと柔らかくさせ、次に使う成分の浸透を促します

 

化粧水を最初に使うのは、そのためです。

 

それに対して乳液は、角質同士のすき間を満たしている細胞間脂質を整えることで、バリア機能や保湿機能を高めます

化粧水によって潤いを与えられた角質を守るバリアをつくり、水分を肌の中に留めます

 

保湿」と言って、ひとくくりにしてしまいがちですが、化粧水と乳液では役割が全く違います

 

 

オールインワンのデメリット

 

やはりオールインワン化粧品は、それぞれの基礎化粧品がもつ効果には敵いません。

 

たとえば、化粧下地として使用できるオールインワンゲルがありますが、保湿効果はあるものの、化粧下地としては力不足だと言われています。

 

化粧下地は肌のキメを滑らかにして、ファンデーションのノリを良くします。また、ファンデーションが毛穴に詰まるのを防ぎ、メイク落としを楽にします。

 

さらにカラーコントロール効果や、化粧崩れを防ぐ効果があります。

 

しかし、オールインワン化粧品がもつ化粧下地の効果は、肌のキメを整えて、化粧が均一に乗るように肌を準備する役割のみです。

 

オールインワン化粧品の主な目的は、スキンケアです肌に負担のかかる成分は入っていないので、夜、就寝前に使っても問題ありません。

 

オールインワン化粧品のうたっている化粧下地効果は、オマケ的なものだと思った方が良さそうです。

 

また、敏感肌の方はオールインワン化粧品を使用する際、肌トラブルに注意してください。

 

複数の化粧品を兼ねるオールインワンは、配合される成分も多く、トラブルになるリスクが高いと言えます。

 

オールインワンのメリット

 

では、化粧水、美容液、乳液など一つ一つの基礎化粧品よりも、性能の劣るオールインワン化粧品は、使わない方が良いのでしょうか?

 

そうではないと思います。

 

1ステップで済むオールインワンなら、肌を触る回数を抑えることができます

丁寧に基礎化粧品を塗り込もうとして何度も肌を擦ると、かえって肌にとって負担となります。

 

また、年齢に合わない、必要以上に高性能な化粧品を使っていると、肌が本来もつ保湿機能や自己再生力を低下させる可能性があります。

 

さらに、たくさんの基礎化粧品を何度もつけると、油分が多くなりすぎて過剰な油分が酸化し、肌の老化を招くこともあるのです。

 

必要な分だけバランス良く、化粧品で補うようにしましょう。

 

基礎化粧品の中で、オールインワンは少し性能が劣りますが、性能が高ければ高いほど肌に良いというものではないのです

 

そうは言っても、オールインワンにも無数の種類が存在します。

保湿効果を重視するのか、美白効果を特に期待するのかなど、商品の特徴と自分の肌の状態とを合わせて、化粧品を選びましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です